読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソーシャルグッドマーケティング

室谷良平。ベンチャーのマーケター。本業の傍らで地元・北海道長万部町の活性化のためのデジタルメディア「リマンベ」を運営。インターネット、マーケティング、まちづくりがライフーワークです。

カタカナが多い「ブランディング」は、立法・行政・司法で例えると分かりやすい

「ブランディング」はわかるようでわかりにくい、非常に抽象度の高い概念だと思っています。 最近では「採用ブランディング」といった領域のものもよく目にするようになったり、一時期では「セルフブランディング」という言葉が持てはやされたこともありまし…

「ユーザー理解」はマーケティングの土台である

ユーザー理解はマーケティングの土台だと思っています。 マーケティングというかは、事業を成立させるためにも不可欠なこと。顧客を知れ、ですね。 ユーザー理解がないと、広告運用であれば、どの媒体に広告を掲載すべきか、どのようなメッセージを投げかけ…

愛を滲み出せば、地域コンテンツは効果的に広がってゆく

マーケティングの仕事をしている傍らで、「リマンベ」というローカルメディアを4年間ほどの運営しています。その経験から、低コストで効果的な地域の情報発信の仕方についてまとめてみました。 本質的ではないのですが、すぐに取り入れられるよなものを揃え…

寄付を何倍にも増やす「CTAボタン」を改善する4つの工夫《NPOのWEBマーケティング》

NPOの分野では、継続的な事業運営のために、「寄付」のことで頭を悩ませる場面が多いと思います。 そのようなときに、ウェブマーケティングの世界にある「CTA」という概念をしっかりとおさえて施策を打っていくことで、寄付率が何倍にもなったり、スタッフ採…

メディアは地域を救えるか。人口5,600人の長万部のローカルメディア「リマンベ」の挑戦

私は東京に住みながら、本業の傍らで、遠く離れた地元・北海道長万部町の活性化のために、「リマンベ」というウェブ主体のローカルメディアを運営しています。 リマンベ:http://www.remanbe.jp/ ▼参考:長万部の位置 長万部町は札幌と函館の中間に位置する…

《書評》『HIGH OUTPUT MANAGEMENT』が名著すぎた

いま、ベンチャー界隈のマネジメント層らで話題になっている『HIGH OUTPUT MANAGEMENT』。著者はIntelの伝説的CEO、故・アンドリュー・S・グローブ氏。 HIGH OUTPUT MANAGEMENT 人を育て、成果を最大にするマネジメント 作者: アンドリュー・S・グローブ,ベ…

「ソーシャルグラフ」を知ることで、地域の情報発信の効率性は高められる

このSNS時代に、どのように地域は情報発信していけばいいのでしょうか。 「バズ」「6次のつながり」「コネクタ」「ハブ」「インフルエンサー」などの言葉を聞くようになるかと思いますが、本稿で紹介する「ソーシャルグラフ」という概念を知ることで、頭の…

ヒットにつなげるクチコミの作り方

マーケティングという仕事を生業としているため、「口コミ(バズ)」の事例や構造はいつも気になる存在です。 バズについて調べているなかで、「ブランド再生のプロ」とも呼ばれている高級腕時計HUBLOT(ウブロ)の元代表取締役の高倉豊さん、そして某動画サ…

社会貢献するときは「ちょっと悪いことしてるな」と思うくらいがちょうどいい

ちょっと枕詞の選び方が難しいところなのですが、真面目に真面目をしすぎている社会貢献の取り組みを見ると、なんだか変な気持ちになることがあります。 このようなソーシャルグッドな分野の取り組みのなかには、人道支援といった非常に繊細な内容を扱うこと…