読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソーシャルグッドマーケティング

室谷良平。ベンチャーのマーケター。本業の傍らで地元・北海道長万部町の活性化のためのデジタルメディア「リマンベ」を運営。インターネット、マーケティング、まちづくりがライフーワークです。

寄付を何倍にも増やす「CTAボタン」を改善する4つの工夫《NPOのWEBマーケティング》

マーケティング 社会課題

f:id:thexx:20170312164306p:plain

 

NPOの分野では、継続的な事業運営のために、「寄付」のことで頭を悩ませる場面が多いと思います。

 

そのようなときに、ウェブマーケティングの世界にある「CTA」という概念をしっかりとおさえて施策を打っていくことで、寄付率が何倍にもなったり、スタッフ採用への応募がたくさん集まったりと、打開できる一手となれるかもしれません。

 

CTAとは

CTAとは「Call To Action」の略で、 「行動喚起」という意味です。 サイトやアプリの訪問者にとってもらいたい行動に誘導するため、ボタンなどのかたちで表示されます。

 

ネット通販だったら「商品購入」

不動産であれば「内覧申込み」

旅行であれば「予約」

など、目的とするゴールにたどり着いてもらうためのボタンとなることが多いです。

 

もちろん業界や訪問者の属性によって異なったり、ランディングページなどの全体とのバランスもありますが、効果的な施策を打っていくうえで、難しい知識がなくてもすぐに真似できて試せるようなポイントを中心に紹介したいと思います。

「文字」「色」「形」「配置」の4つのチェックポイントで紹介します。

 

文字の工夫

CTAは名詞ではなく動詞にする 

「ダウンロード」よりも「ダウンロードする」

「応募」よりも「応募する」

「寄付」よりも「寄付する」

 

ただの名詞だと、訪問者の頭のなかで名詞から動詞への置き換え作業が発生してしまうため、脳に負担がかかってしまい、行動をスムーズに引き起こしにくくなってしまうかもしれません。そのため、解釈がストレートな「動詞」の表現の方が、訪問者にとって行動を引き起こしやすいです。

 

行動ハードルを下げる文言に変えてみる

さきほどの「名詞→動詞」の変換を、さらに改良する方法があります。

それは、行動ハードルを下げる文言にすることです。

例としては、

「応募する」を「応募してみる」だったり、「まずは応募する」といった「気軽さ」を演出に表現にするとよいかもしれません。

ほかにも、希少性や限定感、重要感、無料、簡単などの表現を加えてもよいでしょう。

 

直感的に読み取れるようアイコンを加えてみる

三角(▷)や矢印(→)がよくつかわれます。向きは右が多いですかね。

 

「応募する」は「応募する▶︎」

「寄付してみる」は「寄付してみる→」

といった感じになり、「次にページがある」ことを表現でき、アクションを引き起こしやすくなります。

 

色の工夫

ボタンの色を変えてみる

オバマ元大統領の選挙キャンペーンの緑色のボタンの例が有名かと思いますが、行動喚起において色が果たす役割が大きいです。 

 

よく言われるのが「赤」は興奮、「青」は冷静などあり、この色が心理的に及ぼす影響は本当に大きいです。

 

オバマ元大統領の例の緑色については、上記に記事によれば「平和」「平等」「公平」「安全」とも書かれており、たしかに合うかもしれません。

 

このような寄付といった能動的なアクションを求めるCTAにおいては、寒色系よりかは中間色や暖色系が行動喚起には適しているかなと思います。

青などの寒色系は、入力内容にミスがないかどうか冷静になって考えるなど、重要な意思決定を必要とする申込みや登録に関する向いている印象があります。

オレンジなどの暖色系、とくに赤色は「血」を連想させるためか、訪問者のテンションや体温を少しあげたり、情動を引き起こしやすく、結果的に行動を引き起こしやすいと思います。

 

色に関しては、シンプルにこのひとつですかね。

 

形の工夫

ボタンを立体的にしてみる

ただの枠をつけたデザインではなく、グラデーションや影を表現して、よりボタンっぽくすることで、埋もれずに、目に留まるデザインにすることができます。

「押せる感」を演出することで、訪問者にとって「背景」とならずに、シンプルに「これを押すか、スルーするか」の選択を迫ることができます。

一方で、このボタン感が行き過ぎると、過度なプロモーションと同じように、避けられてしまったり、ボタンをクリック(タップ)する際に心理的障壁をつくってしまうことにもつながる可能性があるので、A/Bテストで結果を見てみるとよいかと思います。

 

ボタンをフラットにしてみる

さきほどの立体的にしてみると真逆ですが、

このボタン感が行き過ぎると、過度なプロモーションと同じように、避けられてしまったり、ボタンをクリック(タップ)する際に心理的障壁をつくってしまうことにもつながる可能性がある

ので、フラットデザインにした方がいい場合もあるため、この項目も加えてみました。

フラットデザインの注意点としては、「それがボタン(リンク)なのかどうか」と識別されないと背景や絵として認識されてしまうことです。

そのため、フラットデザインを採用するならば、まわりのデザインやCTAの文言を工夫して引き立たせる必要があります。そうすることで、「そこをタップすることができる」と認識させることができます。 

 

配置の工夫

周囲にたくさんのCTAを置かない

例えば、

「メンバー募集に応募する」

「寄付して支援する」

「メルマガに登録する」

「もっと読む」

「いいね!して最新情報を受け取る」

など、選択肢がたくさんあったら迷ってしまって、かえって行動につながらないように、CTAボタンを密集して配置してしまわないように注意が必要です。

優先順位とメリハリをつけて、とくに導きたいページへのCTAを設置するとよいです。

 

ヘッダーやフッター固定で表示させてみる

スクロールしても流れずに、行動したいと一ミリでも思ったその瞬間にもCTAボタンを見せることができるため、より行動につなげやすい配置となります。

バイラルメディアでソーシャルボタンがフッター固定で設置されることが多いのは、この理由が多いかと思います。

フローレンスのこちらのページも、フッター固定で「活動を支援する」ボタンを出していますね。(スマホのみ)

SmartNews ATLAS Program 2の支援先にフローレンスの赤ちゃん縁組が選ばれました! | 認定NPO法人フローレンス | 新しいあたりまえを、すべての親子に。

ワードプレスプラグインでも簡単に導入できますので、やってみてもいい施策だと思います。

  

CTAの活用範囲は広く、簡単にインパクトを出しやすい

ほかにもスタッフ採用においての「応募」にも活かせるため、活用範囲は広いです。

インタラクティブなウェブだからこそ、いかに行動を引き起こせるかが重要なポイントとなります。

 

CTAについてまとめると、いかに目を留まらせて、脳に負担なく解釈させて、動物レベル・本能レベルでダイレクトに脳に訴求できて、行動喚起から実際に行動するまでの流れをスムーズにさせることができるかです。

上流である「注目」から下流の「行動」までの流れが滞りなくいけるよう治水工事を進めていくことが、CTAを工夫することによるCVR改善の施策となるのです。

そのための「文字」「色」「形」「配置」をページやサイト全体のなかで最適化させて、理想の仕組み・仕掛けを作り上げていくことになるのです。

 

事業の目標とするコンバージョンを増やすためのCTA改善については、ほかにも工夫・技・テクニックはたくさんありますが、すぐ参考にできそうなレベルで簡単にまとめてみました。ご参考になれば幸いです。

広告を非表示にする