ソーシャルグッドマーケティング

室谷良平。デジタルマーケター。ソーシャルベンチャーで働きながら、北海道長万部町のローカルメディア「リマンベ」代表・編集長として活動。インターネット、マーケティング、まちづくりがライフワークです。

「ソーシャルグラフ」を知ることで、地域の情報発信の効率性は高められる

このSNS時代に、どのように地域は情報発信していけばいいのでしょうか。

 

「バズ」「6次のつながり」「コネクタ」「ハブ」「インフルエンサー」などの言葉を聞くようになるかと思いますが、本稿で紹介するソーシャルグラフという概念を知ることで、頭の中で整理して覚えることができると思います。

社会の構造として理解を深めることができ、施策の再現性を高められる概念だと思います。

ソーシャルグラフとは

ソーシャルグラフとは、ざっくり言うと、「誰と誰がつながっているかの人間関係をあらわした相関図」だと理解いただければよいと思います。

ネットで検索すると、

ウェブ上における人間の相関関係、またはその結びつきの情報のこと。 http://smmlab.jp/?p=17255
ソーシャルグラフは、インターネットやWeb上でのユーザー同士のつながりや結びつき、相関関係を意味しています。 https://blog.kairosmarketing.net/socialmedia/social-graph-140411/

ソーシャルグラフの理解を深めるおすすめの3冊

『ウェブはグループで進化する』

著者はGoogle+の開発に携わった方です。図解が多く、初めて読む人でもわかりやすい内容だと思います。人間関係の緊密さの度合いを「強い絆」「弱い絆」といったキーワードで表現するなど、ソーシャルグラフを理解するうえで重要な概念が次々と登場しますが、前述のとおり図解が多く、初めて読む人でもわかりやすい内容です。

入門用として優れた一冊です。

 

『つながり 社会的ネットワークの驚くべき力』

『ウェブはグループで進化する』はSNSを中心に説明がなされていますが、こちらは禁煙や肥満、さらには肉体関係といったドキッとする切り口から社会のネットワークの構造を紐解く一冊です。著者は米タイム誌による2009年の「世界で最も影響力のある100人」に選ばれたニコラス・クリスタキス教授。行政関係者におすすめだと思います。

 

『新ネットワーク思考―世界のしくみを読み解く』

 Amazonの「内容紹介」にあるとおり、

「すべてはリンクしている」――ネットワークという視点で捉えなおすと、インターネットの弱点、エイズの急速な広がり、マイクロソフトのひとり勝ち、アルカイダの組織など、すべてを説明するルールがあったのである。)

『つながり 社会的ネットワークの驚くべき力』と近い内容ではありますが、こちらはややウェブ寄り(インターネットのネットワーク)の内容です。

 

この本でとくに面白かったのが、ウェブの大陸の図です。リンクにはナビゲートする向きをもつ特徴があることで、逆方向には必ずしも戻らないことでネットワークが分裂してしまうということがある、ということをリンクでつながれた大陸のアナロジーで説明しています。

 

SNS時代の効果的な情報発信は、効果的な情報伝搬である

全戸配布されている自治体広報誌の場合は、伝搬については考える必要はなかったのですが、情報発信の手段がひろがり、SNSの力が大きくなってきている現代では、情報の伝搬を強く意識する必要があります。

 

リソースが限られる地方においては、情報発信は協力者を増やす意味でも重要です。

在住者のみならず、出身者ともつながりを形成することで力になってくれる人を増やせるため、この「ソーシャルグラフ」の概念は地域おこしにおいて大切であると思っています。